観劇ダイアリー


日記
by easterbeagle
プロフィールを見る
画像一覧

タイガー・ウッズ、世界ランキング1位転落

11月1日に発表された男子ゴルフの最新世界ランキングで、長年1位の座に君臨し続けてきたタイガー・ウッズが、ついに1位の座から転落しました。2005年6月以来、281週間連続で1位の座に君臨してきたタイガーは今回2位、1位になったのはイギリスのリー・ウェストウッドです。ランキング1位になった選手は数少なく、ウェストウッドで13人目とのことです。

タイガーは9月12日まで米イリノイ州レモントで行われていた米男子ゴルフツアーのBMW選手権で、15位となり、今季の通算ポイント上位30人によるプレーオフ最終戦、ツアー選手権(23日開幕、米ジョージア州)にも進めませんでした。
タイガーはプロとなって15年目にして初めて、米ツアーでの優勝がないシーズンを体験しています。

不調の原因は言うまでもなく、離婚にまで発展した不倫騒動ですが、騒動は収束に向かいつつあり、来季の復活を待ち望むファンは多いようです。

ツアー0勝が確定した試合後に、タイガーは、「シーズン序盤と中盤に、うまくプレーできなかった」とコメントしています。
不倫騒動のため約5ヶ月間、大会出場を自粛していましたが、その期間中は思うように練習できなかったようです。

昨季までダントツの1位だった平均スコアは70・32で26位に後退しました。さらに、2007、09年と1位だったバーディー率も3・78で26位に後退。スコアメークにタイガーが苦しんでいたことが浮き彫りになる成績が残っています。

さらに、不倫騒動に伴い、通信大手AT&T、コンサルティング会社のアクセンチュア、時計メーカー・タグホイヤーなどのスポンサーが、相次いで契約を解除し、タイガーを追い詰めていたようです。

米フォーブス誌の発表によると、2010年の世界高額所得スポーツ選手トップ50の中でタイガーの年収は4・5%減っていると指摘しています。しかしそれでも、合計の年収は1億500万ドル(約85億円)に達しており、長者番付の方では9年連続1位を確保しています。



【関連ニュース】

Yahoo!ニュースURL

イザ!ニュースURL

ライブドアニュースURL


----------PR----------


本の出版 方法

出版社 持ち込み

目次 構成

起業家 出版プロデュース
[PR]
# by easterbeagle | 2010-11-11 14:52

F1韓国グランプリ、大きな事故なく終了

開催当日まで突貫工事が続き、安全でスムーズな開催が最後まで危ぶまれていたF1の韓国開催ですが、なんとか大きな事故を出すことなく、終了できた様子です。

突貫工事が続いていた韓国・全羅南道霊岩の韓国インターナショナル・サーキットは、路面のデコボコ、ペンキで塗っただけの縁石、驚異的な水はけの悪さなどの悪条件がクリアできず、大きな不安を抱えたままグランプリ開催となりましたが、結果的にはフェラーリのフェルナンド・アロンソが、今季5勝目、通算26勝目を挙げ、韓国初GPのウイナーとして君臨しました。

未完成のコースに漂う不安を更に増幅するような雨に見舞われ、レースのスタートは遅れ、さらに走行中も赤旗一時中断や、4度のセーフティカースタート等も発生し、混迷を極めたレースとなりました。24台中、完走できたのがわずか15台という波乱のレース、さらに日没打ち切りなど検討されましたが、なんとか規定のレース周回数である55周を走り切ることができたようです。

韓国では、F1の開催でお祭り騒ぎになっているそうで、韓国の報道では「韓国の歴史的な第一歩となった」と報じられています。
初日の練習走行には約2万人、2日目の予選では約5万人、決勝戦の24 日には8万人を超えるギャラリーが競技場を訪れたそうですが、未熟な大会運営、交通渋滞、宿泊施設などの不備、などもかさなり、あまり褒められたF1開催ではなかったようです。

今後は6年間、韓国でF1が開催される予定だそうですが、来年の開催を万全の状態に整えることができるかどうか、大きな課題が残された初開催だったといえそうです。



【関連ニュース】

Yahoo!ニュースURL

イザ!ニュースURL

ライブドアニュースURL


----------PR----------


出版実現セミナー

商業出版 ブランディング

企画意図 書き方

コンサル出版
[PR]
# by easterbeagle | 2010-11-09 19:49

谷亮子が柔道を引退

女子柔道界で数々の大記録を打ち立ててきた谷亮子選手が、ついに現役引退を表明しました。

オリンピックでは2大会連続で金メダリストなるほか、20代の選手生活をほぼ無敵の状態で過ごしきった谷亮子選手ですが、前回の参議院選で民主党から立候補し、圧倒的な人気を集めて当選しました。その後は選手生活と議員の職務を両立させると宣言していましたが、どうやら選手生活を諦め、今後は政治家としての活動一本に絞っていくようです。

15日に行われた記者会見では、現役引退を表明しつつ、「今後はスポーツの振興や環境づくりに尽くしたい」と国政に専念することを明言しましたが、一方では2016年のリオデジャネイロ五輪での現役復活もにおわせる発言もあり、衰えることのない闘争心、向上心を改めて披露してくれました。

また、全日本柔道連盟(全柔連)にはすでに強化指定選手の辞退届を提出しているようで、これで正式に、2012年のロンドンオリンピックへの道は閉ざされたことになります。

谷議員は「今まで引退を自分自身が思ったことは、一度もありません」とコメントし、「第一線からはここで、いったん、退くということ」と強調しています。つまり、政治の世界で一区切りついたら、リオデジャネイロ五輪も狙いたいと、本気で考えているようです。

これまでにオリンピックで5個のメダルを獲得した谷選手、選手としての実績は素晴らしく、選手としてじっくりと腰を据えて練習に励んでいれば、ロンドン五輪も当然有力候補であっただけに、今回の議員立候補は多くの人から賛否両論が上がっています。

今回の決断で柔道への逃げ道はなくなり、政治家として評価されていくことになった谷議員には、今後もさらに多くの注目が集まることになりそうです。



【関連ニュース】

Yahoo!ニュースURL

イザ!ニュースURL

ライブドアニュースURL


----------PR----------


JR 山手線 新幹線 マメ知識 雑学 ビジネス 鉄道

デジカメ 年賀状 Photoshop Elements 簡単 卯年 ソフト

商業出版 行政書士

ブログ 出版ノウハウ

持ち込み 出版社
[PR]
# by easterbeagle | 2010-11-08 16:29

サッカー日本代表にゾーンプレス復活

1995年から1997年の2年間、サッカー日本代表の監督だった加茂監督が好んで使ったゾーンプレスが、再び日本代表で復活することになりそうです。

現在のサッカー日本代表は、連日の非公開練習をおこなっていますが、そのなかでザッケローニ監督が注力しているのがこのゾーンプレスです。

もともとはイタリアで80年代後半から90年代前半に絶好調だったACミランの得意なディフェンスでしたが、このゾーンディフェンスを踏襲し、ザッケローニ監督自身も98−99年シーズンでACミランを優勝へと導いています。

イタリアでのザッケローニ監督は「過去の人」と呼ばれているそうですが、その最大の理由がゾーンプレスに固執している点にあるそうです。

ちなみに、初めて日本代表でゾーンプレスを使った加茂ジャパンは就任2戦目のアルゼンチン戦で1−5と完敗しています。

あすのアルゼンチン戦が「95年惨敗の再現」になる可能性が高いと予想する専門家も多く、今回の日本代表も多難を予想させるスタートとなりそうです。

ちなみに、ザッケローニ監督からゾーンプレスの指示を受けたDF陣の中で、ゾーンプレスをおこなった経験者はいなかったそうです。イタリアで売り出し中の長友選手(チェゼーナ)でさえ「ゾーンプレスというのはやったことがない」といい、戸惑いをみせています。15年前もおそるおそるゾーンプレスを仕掛けた日本代表ですが、日本DF陣の合間をかいくぐり、アルゼンチンの攻撃陣はゴールラッシュしています。



【関連ニュース】

Yahoo!ニュースURL

イザ!ニュースURL

ライブドアニュースURL


----------PR----------


商業出版 士業

著者ブランディング

ビジネス書の出版支援

出版したい 経営者

本を出す
[PR]
# by easterbeagle | 2010-11-01 21:31

クルム伊達公子、シャラポワに快勝

9月28日に40歳を迎える現役のテニスプレイヤー、クルム伊達公子選手が大金星を挙げました。女子テニスツアーの東レ・パンパシフィックオープンテニス(東京/有明テニスの森)に出場したクルム伊達公子選手は、世界ランキング上位常連のマリア・シャラポワ選手相手に見事な勝利をおさめ、2回戦進出を決めています。

クルム伊達公子選手は1995年にこの大会で優勝していますが、シャラポワ選手も2005年、2008年と優勝しています。
クルム伊達選手の出場は主催者推薦でしたが、シャラポワ選手を相手に7-5, 3-6, 6-3のフルセットで破りました。

9月28日が40歳の誕生日となるクルム伊達公子選手は試合後のインタビューで「元世界ランク1位でディフェンディングチャンピオンとの試合だったので、最高のプレーをする必要があると思っていました。」とコメントし、喜びをあらわにしていました。

負けたシャラポワ選手ですが、この試合中、ダブルフォルトが11回もあり、これも敗因の一つと言えるでしょう。試合の分かれ目となった第3セットの第6ゲームでは、40−0から2回もダブルフォルトし、ブレークバックを許してしまいました。

23歳のシャラポワ選手は、初対戦となったクルム伊達公子選手について、「信じられないわ。試合から離れていても素晴らしい肉体を維持していたことを証明しています。彼女は信じられないくらいにフィットしています」とコメントしています。

年齢的な衰えを技術でカバーするクルム伊達公子選手には、これからもますます頑張ってほしいものです。



【関連ニュース】

Yahoo!ニュースURL

イザ!ニュースURL

ライブドアニュースURL


----------PR----------


iPhone 評価 評判 家電 使い方 コマンド

音楽 動画 本 書籍 iPhone iPad アイフォン アイパッド

プリティーリズム ミニスカート シーズン1 ステージ ブランド 秘密 プリズムストーン

メタトレーダー MT4 MQL4 ガイド FX 投資 EA 作成

アメブロ アメーバブログ カスタマイズ CSS ヘッダ画像 ブログデザイン

iPad ビジネス 仕事 活用 アイパッド
[PR]
# by easterbeagle | 2010-09-28 23:27

カテゴリ

全体
未分類

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧